時間があるのかないのか。

結局手に入れてしまった「失われた時を求めて」の新訳
最後まで読み通したこともないのに、訳が変われば読めるような気がしたのだと思う。
本を手にして何度か悩んだのに、やっぱり購入したあの瞬間、思い切った瞬間には、読もうと思ったのだと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中