作品を仕上げる前に解説の文章を考えている

それはそれは生意気な文章で、外に出してはいけない類のものだ。気持ち気持ちの問題なのだ。

それにしても読むに耐えない小説ばかりで悲しくなる。僕は遠い昔に書くことを止めた。それは読むべき本があったからだ。20年を経て、再び読むべき本がなくなってしまった。悲しいことだ。けれど、やらねばならないときがきたのだ。僕はしまっておいたノートを持ち出して、あるいは、新しいノートを準備しなければならないのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中