夕べの11時から、さきほど2時半まで

真剣に本を探していた。村上春樹の訳したチャンドラーだ。さらば愛しき・・だ。私はしつこいのだ。あきらめが悪いのだ。けれど小説はときどきどこかへ雲隠れしてしまうのだ。

みつけられなかったと素直に書けない性格がくどい。何もかもほったらかして、睡眠時間を後送りして、チャンドラーをさがしていた。読み返したい、読み返すべきだ、読み返さなければならない。そうしないと何もできない。そう思い込んでしまう性格がくどい。

自分のことだ。自分の性格のことだ。

たぶん一週間ほどして。ひとつ区切りがついたときにまた、探し始めるのだ。このしつこさがヤバイ。下を向いて本を探しているうちに、山奥にまで迷い込んでしまい。熊と出会ってしまうかもしれない性格だ。やばい。

本を追いかけて上ばかりみて歩いているうちに砂漠に迷い込んでしまい、奧まで入り込んでしまってひからびてしまうかもしれない性格だ。ひどすぎる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中