彼とすれ違った瞬間に思い出した。

彼とは面識もないし、おそらく知らない人物だ。けれど、その歩き方と服の組み合わせが全く別の人物を思い出させた。僕が調所広郷に会ったのは○○元年の夏だ。眩しすぎてかえって風景がかすんでしまいそうな午後だった。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中