私が意識したとき、ビートルズはもういなかった。

けれども。むしろ、だからこそ、私は彼らにあこがれたことも、聞き入ったこともない。好きだとか、いい曲だよねと言えるほど聞いたこともない。周囲には、熱く語る人たちも、コピーする人たちもいた。本当に、正直に言うと、私はビートルズを知らなかった。私が知ったとき、すでにビートルズは解散していたし、ジョン・レノンはもう亡くなっていた。

けれど。それがいつだったか覚えてもいないけれど。ちょっと感動したのだった。

Once there was a way to get back home. そんな歌詞に出会ったときだ。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中