ギブスンは書いた。「私は本書を理解したことがない。

せいぜい部分的に理解できた、あるいは理解に近づいていると感じたくらいだ。」と。ウィリアム・ギブスンはダールグレンの序文を書いている。まったく同感だ。私は彼らを理解できたと感じたことすらない。ギブスンなんかさっぱり理解できない。

ただ。気の利いた文章だと思うことはある。すごい表現だと感じることはある。

ディレイニーは書いた。「秋の都市を傷つけるために。だから、世界に向かって叫んだ。」私には、訳分からない。けれど、どこか燃えるのだ。何だか感動するのだ。

鹿児島も、私の部屋も、少し暑くなってきた。これ以上は私の調子を狂わせる。私は、暖房を切った日にはもう冷房を入れてしまうのだ。我慢ができないのだ。我慢?・・私の辞書に我慢という言葉もない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中