私は狂信的なファンなので、結局は買ってしまうけれど。

こんな書籍の売り方はちょっとおかしいと感じてしまう。私は吉本隆明のミーハー的なファンなので、紀伊國屋書店のあり方は嫌いではない。私はつかこうへいの熱心な信奉者だったので、紀伊國屋はとても評価していたし、評価している。「職業としての小説家」は小説ではないので、買う必要もないのだけれど。別に読まなくてもいいのだけれど。私は村上春樹の狂信的な読み手なので、結局は買ってしまう。私が好きなのは、彼がまだ大家ではなかったころの、それも不整合をいっぱい含んだ短編だ。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中