土方のフィギアがきた。

DSCF7491

公安9課のアラマキとJ ディーヴァー、そして私に仕事をくださるSさんの顔は似ている。顔が似ているだけでなく3人とも知的である。3人ともみな好きだなぁ。顔がというわけではないけれど。遠藤先生はその人のことが好きで研究を進めていくと顔やスタイルが似てくるものだと。だから、若い子たちはどんどんスタイルが良くなって顔も美しくなるんだと、眼鏡からはずれたやさしい眼で話しておられたなぁ。だからって、ハイデッガーを研究してあの顔になるのはイヤだなあ。土方十四郎のフィギィアを置きながら思った。中井和哉の声はいいなあ。

 

広告

土方のフィギアがきた。」への3件のフィードバック

  1. もうお忘れでしょうが、、、、、久しぶりにネットを徘徊していて辿り着きました。フィギュアの後ろに懐かしい作家の本を見つけました。私は年を取り本を読む意欲が湧きません。遠近両用の眼鏡では文字が見え見えずらくて。読書眼鏡を買わなければと思っています。ここコメントを残していきますが見つけてくださるとうれしいです。

  2. >すみれさん
    貴女のことを忘れるはずがありません。ティーヴァーは貴女に教えていただいた作家です。初めて出会いあれ以来、手に入る新しく出るすべての本を読みます。彼の顔まで好きです。すてきだと思います。
    母が調子よくありません。けれど、まもなく家に帰って来られそうです。時間と心に余裕ができたら、またネットの海で遊びます。
    ありがとうございました。こんな表現が適切かどうか・・とてもとても懐かしいです。ありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中