風の又三郎は

両親が離婚してしまう物語だ。そう思っていた。長い間思っていた。離婚を予感させる物語なのだと。宮沢賢治はやっぱり暗いのだ。明るさがない。楽しくないのだ。悲しいのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中