夕刻。機嫌のよくない桜島がいた。

dscf8324-001

もちろん彼は、何も言わず、何も考えず、ただただそこにあるだけなのだけれど。風景は自分を映す鏡なのだけれど。

言い訳じみているけれど、あのとき私は決して機嫌が悪かったわけではない。何も考えず、ぼおっ~としていた。視線に機嫌の悪い桜島がいたのだ。それだけだ。別に意味はない。

エグザイルの人がサングラスで泣いていたので

ボクシングの人がまた喧嘩でもして問題起こしたのかと尋ねたら、バッカじゃないの?と言われた。私には似ているように見えたのだ。違う人かも知れないとちょっと思ったのだけれど。まあどうでもいいことだ。

誰も褒めないから

自分で自分を褒める。1月1日から仕事したなんて、なんて偉いのだろう。口に出して言ってみてから、自分で自分に突っ込みをいれる。誰もがやってることなのだ。・・・・自暴自棄・・孟子が言ったのは逆の意味だったような気もする。覚えてはいないけれど。

 

クリスマス。ホテルの跡地で待ち合わせをした。

そこには昔、巨大なホテルがあった。そのずっと前にはボウリング場があったとか。今はこの街のメイン通り沿いの巨大な駐車場だ。待ち合わせ場所にソコを指定された。そんなトコロで待ち合わせ・・と思ったのだけれど。結果的には待ち合わせのメッカだった。人待ち顔の人たちがたくさんいた。着飾った美しい女性だったり、きっと友達を待っている男の子だったり、清潔な服装の男性は思いを寄せる女性を待っているのだ。忘年会やクリスマス会のおじさんの集まりは呑み会の前にすでに楽しそうだった。・・・そこは楽しいクリスマスのための待ち合わせ場所だった。知らなかったのは私だった。

私と彼女は、競争を始めた。どちらの待ち人が先にやってきてくれるか。きっと彼女も私を競争相手に決めていた。決めたはずだ。私は交通事情の読み間違いをした。約束時間の前に買い物をするつもりだったし、その買い物があっさり終わってしまった。だから約束時間の30分も前にソコに到着してしまっていた。だから。彼女の方が絶対に有利なのだろうなんて想像した。

暖かいクリスマスの夜の話だ。

 

 

土方のフィギアがきた。

DSCF7491

公安9課のアラマキとJ ディーヴァー、そして私に仕事をくださるSさんの顔は似ている。顔が似ているだけでなく3人とも知的である。3人ともみな好きだなぁ。顔がというわけではないけれど。遠藤先生はその人のことが好きで研究を進めていくと顔やスタイルが似てくるものだと。だから、若い子たちはどんどんスタイルが良くなって顔も美しくなるんだと、眼鏡からはずれたやさしい眼で話しておられたなぁ。だからって、ハイデッガーを研究してあの顔になるのはイヤだなあ。土方十四郎のフィギィアを置きながら思った。中井和哉の声はいいなあ。