風の又三郎は

両親が離婚してしまう物語だ。そう思っていた。長い間思っていた。離婚を予感させる物語なのだと。宮沢賢治はやっぱり暗いのだ。明るさがない。楽しくないのだ。悲しいのだ。

広告