信号機の色は青だったけれど

道路を渡りきる自信がなかったから次の青を待った。横断歩道のむこうの端は・・・遠い。吉田拓郎の歌が頭の中に響いていた。小田和正ではなかった。

広告