昨日は・・・もう一昨日のことだけれど

ぽかぽかの天気だった。だからフトンを干した。久々にお日様の光に・・と思った。けれど桜島が噴火して、火山灰が鹿児島市の方向へ飛んでくる。このままではフトンは灰だらけになってしまう。急遽フトンは布団乾燥機の世話になることになった。で、やり過ぎた。ほかほかを通り越して、昨夜は熱すぎて眠れない。早く休めと言われているのに。桜島が噴火したら、読書時間が長くなったという冗談のような本当の話。

今年の梅雨はいつまで続くのだろうとそう思った。

DSCF7073

この夏の暑さは尋常ではないと思った。桜島がとんでもない噴火をするかも知れないと予報が出た。台風が駆け抜けて行った。すべては言い訳だ。私が自分に課した仕事を怠けるための言い訳にした。私は怠け者なのだ。言い訳を探しているのだ。他の誰に対してではなく、自分自身への言い訳なのだ。タチが悪い。

主張する山

IMG_0002

煙を吐いて桜島が自己主張する。毎日毎日、日に何度も煙を吐き、灰を降らせる。「しんこだんご」のおじさんは加治木から来た人で、お宅の畑に灰が降るのを気遣っていた。こんなことは昔はなかったよね。私はしんこだんごと加治木まんじゅうを買って、自己主張している桜島をみた。そんなに頑張らなくても、私は桜島をいつも見る。見るようにしている。忘れたことはない。と思う。