強い雨。けれど冷たい雨ではない。

この季節にしては暖かい雨。長い間、こちらに舞い戻ってからずっと私の目を管理してくださっていた先生が今年いっぱいで辞められる。今日が最後の診察日となった。その理由を話してはくださらなかったけれど、わけを問うことなどできなかったけれど。

広告

天気予報を信じなかったので

むしろ自分の目を信じたので、少々雨に濡れた。洗濯物にもちょっと湿気をあげてしまった。買い物に出るときには陽が射してしたから。

でもこの季節にしては、冷たい雨だとは感じなかった。冷たい雨ではなかった。もうちょっと濡れれば雨の中をスキップしながら歩いてしまいそうな、もうちょっと降られていたいような、雨だった。